プロフィール

氏名
岡部哲也(おかべ てつや)


生年月日

1965年5月15日


出身地

北海道小樽市


経歴
 
小学校ではスキーとサッカーに没頭

中学時代よりナショナルチーム入り、中学3年でワールドカップ出場

小樽北商高校卒業後は株式会社デサントに入社

1987年ワールドカップ最終戦では日本人としてはそれまで最高の4位に入賞(2本目ベストタイム)

1988年ノルウェーのオップタールで行われたスラロームでは、再度2本目の最高タイムをマーク、合計では当時絶好調だったイタリアのアルベルト・トンバをあとわずかのところまで追い詰め2位入賞の快挙を果たす。

1989/90シーズンには全9レース中6レースで6位以内に入賞し、スラロームの種目別総合で7位にランクイン。

1991年夏、アデノイドの手術後、原因不明の蕁麻疹により、約3か月の入院生活を強いられた。

その後復帰したがを果たすも、1995年3月のワールドカップ富良野大会を最後に現役引退。
冬季オリンピックではカルガリー、アルベールビル、リレハンメルに出場。ワールドカップ(回転)での日本人最高位2位はいまだ破られていない。

現役引退後は広くスノースポーツの楽しさを広めるため、軽井沢に「岡部哲也スキースクール」(※)を開校。(※現在は「RITMO Snow Academy」に名称変更)

軽井沢をベースにスキー・スノーボードのレッスンだけでなく、屋外アクティビティー施設やセレクトショップ、各種イベントなどの企画・運営にも携わる。

J SPOTSで放映の「FIS WORLD CUP SKI」のスキー解説、NHKでの「ピョンチャンオリンピック」スタジオ出演をはじめ、スキーだけでなくゴルフ、モータースポーツなど多岐にわたる分野でTVや雑誌などのメディアに出演し、講演会・トークショーなどでも活躍。

2017年よりBS12で放映のスキー専門TV番組「SKI TV」には企画から携わり、プロデューサー・メインキャストを務める。

2019年2月に札幌のテイネハイランドスキー場で開催された国体には、東京都代表として大回転成年男子Cクラスに出場。現役引退後24年ぶりの本格的なレース参戦は話題にのぼった。

 

株式会社ネーヴェ 代表取締役
RITMO Snow Academy 代表
一般社団法人ジャスト・ラビング・スキー 代表理事
NPO法人One's Handsプロジェクト 代表

 

 

 

主な戦績
戦績1.png

戦績2.png

Today's Schedule